×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【子供の通信講座のお役立ち情報をご紹介しています!】

子供の通信教育は何を基準に選べばいいの?

子供に通信教育をさせたいけど、何を基準に選べばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?
通信教育を選ぶ基準はいろいろあります。
まず通信教育を始める目的を決めましょう。

通信教育の目的は?
通信教育の目的としては、
・学校の勉強の復習・補足のため
・自宅での勉強習慣を身につけるため
・中学受験をするため
・興味を伸ばしてあげるため
が考えられます。

子供の年齢にもよりますが、やはり自ら進んでやってくれるものがその子にとって良い教材と言えます。

通信教育のタイプについて

そのためには教材の特徴を知っておくことが大切です。
現在は3つのタイプがあります。
・タブレット型教材
・教材+添削テスト
・教材のみ

2020年からは全国の小中学校でデジタル教科書の導入がなされる予定になっているなど、パソコンやタブレットを使用した学習はもはや必須になっています。
また子供自身もパソコンやタブレットを使用した勉強は興味を持ちやすいと言えます。
ただし、タブレット型教材の通信教育は有名な所だけでも、

スマイルゼミ
チャレンジタッチ
Z会のタブレットコース
スタディサプリ
学研ゼミ
デキタス
すらら

と7つもあります。比較して選ぶのも一苦労です。
それぞれの教材にどんな特徴があるのか紹介します。

料金について
料金は無料で利用できるサービスから、公文式の通信教育などは月13,000円(税抜)などがあります。

学校の授業の復習として通信教育を利用したいのであれば、添削テストなしでも良いならば、料金も安くなります。
中学受験を目標にしていて、応用問題にチャレンジしたいのであれば、料金も少し高くなります。

いずれにしても、通信教育ですとそれほど高額にはならない傾向です。
子供が楽しく一所懸命取り組んでくれれば、安くても良質な教材と言えます。

最後に

まず通信教育を始める「目的」を決め、次に子供の性格も考えてタブレット型など通信教育の「タイプ」を決めていきます。